自分の性に揺らぐ中学生・高校生の君たちへ

歌川たいじについて

自己紹介

人物[編集]

  • 会社員時代からゲイであることを公表して、同性愛者や性的少数者への理解を求め続け、作家・まんが家となった現在の作風にも、少数者である本人のパーソナリティが色濃く反映されている。
  • 2001年より、情報サイト「All About」にて同性愛カテゴリーを担当し、同性愛者のための生活情報、同性愛者の人権訴求記事を発信しつづける。
  • 2009年、Amebaブログにて、同性パートナーや友人・同僚たちとの日常を描くまんが「♂♂ ゲイです、ほぼ夫婦です」をリリースしはじめる。このブログは年齢、性別、セクシュアリティを問わず広く人気を博している。
  • 2010年、単行本「じりラブ(集英社)」にて、漫画家デビュー。
  • 2012年、自費出版本「ツレちゃんに逢いたい」が自費出版ながら発行部数10000部を超え、注目される。
  • 2013年、自らの壮絶な生い立ちを綴った単行本「母さんがどんなに僕を嫌いでも」が糸井重里氏に絶賛されたほか、各方面から高い評価を得た。
  • 2014年、自費出版本「僕は猫好きじゃない」が日本の猫本100選(宝島社)に選ばれる。
  • 2015年、インディーズ映画「カミングアウト」に出演し、俳優としてもデビュー。
  • 2015年、単行本「やせる石鹸」で小説家デビュー。オネエ文学ともいえる作品で、作者ならではの視点での展開が注目を浴びた。
  • 2015年、NHK 「ハートネットTV」に出演。自らの生い立ちを語り、反響を得た。
  • 2016年、国際人権NGO「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」の、日本のLGBT高校生の被差別の実情を訴求する報告書に、まんがを提供。世界中の人々に作品が目に触れることとなった。
  • 2016年、NHK「ハートネットTV」において、冠番組「歌川たいじの一期一会」に出演。障がい者と社会の関わりについて示唆を与え、反響を得た。
  • 2017年、日本財団が主催する「これも学習マンガだ!」2017年度の50選に「母さんがどんなに僕を嫌いでも」が選ばれる。

作品リスト[編集]

エッセイ

  • 『「おつきあい」の壁を乗り越え 48キロやせました』(幻冬舎)
  • 『母の形見は借金地獄 全力で戦った700日』(KADOKAWA/エンターブレイン)
  • 『母さんがどんなに僕を嫌いでも』(KADOKAWA/エンターブレイン)
  • 『手記 母さんがどんなに僕を嫌いでも』(PHP研究所)
  • 『じりラブ』(集英社)

小説

  • 『やせる石鹸』(KADOKAWA/角川書店)

自費出版

  • 『僕は猫好きじゃない』
  • 『ブレイクスルー』
  • 『ツレちゃんに逢いたい』


LinkIcon【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です

LinkIconNHKオンライン 「ノンケのためのゲイのトリセツ」

LinkIconWikipedia


爆笑・ホロリの大人気まんがブログ

集英社より書籍化。ロングランヒット中。ゲイのおしどりカップルの日々をペーソスたっぷりに描く、大人気まんがブログ。

まんがを見るLinkIcon


レオナルド・ダ・ヴィンチ

偉大な芸術を遺したレオナルド・ダ・ヴィンチの同性愛エピソードとは?

記事を読むLinkIcon

スーザン・B・アンソニー

女性に参政権をもたらしたのは、レズビアン。

記事を読むLinkIcon

ソクラテス

プラトニックラブの語源、実は同性愛なんです。

記事を読むLinkIcon